ブログ ブログ

【ホントは怖い人工香料】

近頃は、「香りブーム」
お部屋の芳香剤や洗濯洗剤や柔軟剤

その他、シャンプーやトリートメント
ボディーソープやボディークリームなど

といったほのかないい香りを人工的に作り出している人工香料で溢れています。

キレイになるため、いい香りをさせるための日用品が私たちのアレルギーの原因になっているかもしれません。

そもそも、香りとは合成した化学物質であり
その化学物質が揮発して私たちの体の嗅覚受容体というところにキャッチされて匂いを感じています。

つまり、化学物質が粘膜からカラダに取り込まれているということ。

自然に体外に排出されにくい化学物質は
どんどん体内に蓄積され、それがやがてアレルギーを引き起こします。

発ガン性物質が人工香料に含まれていることも、最近では報告されています。

ヨーロッパ化粧品化学協会では1990年代から人工香料の危険性について唱えていました。

日本では、有害物質に対する規制が遅れていて欧米では使用を禁止されている化学物質が日用品に使われているという事例がたくさんある事は健康の意識が高い人の間では一般的になってきた程です。

昔に比べて、アレルギーやアトピーの子供が多いことも関係しているかもしれません。

自分が望まなくても人工香料や化学物質の多い生活をしている現代人。

普段使うものは意識して少しでも”グリーン”なパーソナルケア商品を選びましょう。

10年後、健康で美しくあり続けるために。

タナメラの製品は一切の人工香料、合成化学物質を使っていません。

http://www.tanamera.jp/ec/
http://www.amazon.co.jp/s?me=A1H2SF92BK0T1M

ページトップへ